😆治療


IPS細胞移植治験のその後・・・2018年10月に世界で初めて人に対するドーパミン細胞の移植治験が京都大学で7名の方を対象に始まり2年が過ぎました。2020年1月末現在で3名の患者さんへ細胞移植が完了し、2020年度中に7名の患者さんへ細胞移植を完了する予定です。移植後、免疫抑制剤を1年間服薬、2年の経過観察を行って本細胞移植の安全性と有効性を評価する予定です。


<服薬・・・新薬紹介>

 ■新薬  2019年

エーザイ株式会社より、パーキンソン病治療剤の新薬「エクフィナ®錠50mg」(一般名:サフィナミドメシル酸塩)が発売されています。
レボドパ含有製剤で治療中のパーキンソン病におけるwearing off現象の改善を効能・効果とするとされています。

■新薬 2018年

武田薬品工業株式会社より、パーキンソン病治療剤の新薬「アジレクト錠(一般名:ラサギリンメシル酸塩)」が発売されています。
脳内のドパミンの分解を抑えて、脳内のドパミン濃度を増やすことによって、パーキンソン病症状を改善すると言われています。

<IPS再生医療>

<DBS手術>

DBS手術について、詳しい情報をページにアクセスしご覧ください。
※参考:Medtronic社様ページ
「パーキンソン病の手術療法 脳深部刺激療法(DBS)Deep Brain Stimulation」

<デュオドーパ>

飲み薬では十分な治療が難しくなったパーキンソン病患者さんにカセットに入ったお薬を専用ポンプと チューブを使って直接小腸に切れ目なく送り届ける投与システムによる治療法です。



<お口の体操>        

誤嚥・構音障害でお困りの方はクリック・・■tokotoko-office.com


<筋トレ体操>    


困ったら 一人で悩まずまず相談  

岡山県消費生活センター

消費者ホットライン ☎188→1→〒郵便番号

オレオレ詐欺・新型コロナ詐欺・アポ電強盗


卓球はパーキンソン病の症状改善に良いんですよ!!

もう少し頑張ろう。